アウディTTで全損事故に遭いQ7に買い替えを決意

アウディ TT

出典:wikipedia

もともとアウディのTTに乗っていました。

街中で走ってるのを見かけて、かっこいい車だと思い、ひとめぼれで購入した車です。

新車ではちょっと手が出なかったので、12000km程度の中古車を購入しました。

一応、乗車定員は4名ですが、後部座席はかなり狭く、実質2人乗りのような車です。

購入した当時、私は独身でしたので、ほぼ2人乗りのような車であっても、特に何の問題もありませんでした。

その後、結婚をすることになり、車をどうするか考えたのですが、

その時点ではまだTTを手放すことは考えていませんでした。

地域的に1人1台、車を所有しているのが普通であり、どこに行くにも車で出かけるようなライフスタイルでしたので、

当然、主人も車を所有していました。

主人はセダンタイプの車に乗っていたため、もし仮に子供が生まれても、すぐに困るような状況ではなく、

また私自身が、TTを非常に気に入っていたこともあり、このまましばらくはTTを乗っていこうと思っていました。

事故は突然やってくる

ですが、ある日、車を運転していたところ、大きな事故にあってしまいました。

対向車がセンターラインオーバーしてきたため、私の車の右前方と相手の車の右前方が接触したのです。

ちょうど、場所的にカーブになっていて、見通しが悪かったこともあり、

また、坂道で相手側は下りなので、ある程度スピードが出ていたこともあり、車の損傷具合はかなりひどいものでした。

過失割合としては相手方のセンターラインオーバーのため、相手が100%悪いという判断となりました。

修理の見積もりをお願いしたところ、修理は可能だが、保険の車両金額より修理金額が上回ってしまうため、

いわゆる「経済的全損」との判断でした。

全損事故で修理を断念

私としては、非常に愛着のある車だったこともあり、修理することも考えたのですが、

主人から、買い換えたらどうか?とすすめられ、次の車を探すこととなりました。

特にこの車がいいと最初から決めていたわけではなかったので、ネットで探したりしていたのですが、

もし子供が生まれたら、もう少し大きな車が1台あるといいのではないかということになり、SUVで探すことにしました。

SUVでもいろいろな車があるのですが、やはり見た目がかっこいい車がいいということで、

アウディのQ7以外にもBMW、ポルシェなどを考えたのですが、

もともとTTに乗っていたこともあり、またQ7の見た目が気に入ったこと、

また値段的にも予算とそれほどかけ離れていないという理由から、Q7を選択しました。

大きい車といっても、もともと乗っていたのがTTだったので、あまりにも大きすぎる車は運転するのに不安ということもあり、

それほど大きくなく、またあまりいかつさのないスタイリッシュな見た目が気に入りました。

アウディQ7に一目惚れ

アウディ Q7

出典:audi.co.jp

そして、ネットの中古車情報をみていて、気になって車がちょうど自宅からそれほど遠くない地域で出たため、

実際に、主人と車を見に行きました。

走行距離や装備、色など、もともとネットでチェックして気に入った車だったので、

現車を見て、すぐに購入を決めました。

もともと乗っていたTTは、事故で修理工場に入れたままになっていたため、

保険会社で全損処理をしてもらい廃車となりました。

いろいろと想い出の詰まった車だったので、悲しい気持ちが大きかったのですが、

車両保険と持ち出しの予算内で次の車を購入できたので、結果的にはよかったのかもしれません。

その後、私は妊娠して子供を出産しました。

こうなってみると、やはり大きな車は子供を乗せるのにも楽だし、

たくさんある荷物も気にせずに載せることができるので、よかったと思います。

せっかくのSUVなので、もう少し子供が大きくなったら、この車でアウトドアを楽しめればいいなと思っています。